Lafuma

GORE-TEXを学んできました!

2011年05月30日 (月) - 15:02 - ラフマブティック

関東も、早くも梅雨入りですね∑!!

山でも街でも、濡れると寒いし不快になりがちなもので…

で、『濡れない&蒸れない』といえば
代表的な素材がゴアテックス。
アウトドアウェアでよく使われている素材なわけです。

このタグに見覚えがある方は多いはず。

先日、ゴアテックスの機能についての講習があったので
参加してきました。

講習内容に体感デモとあったので、

こんな勢いで、ジャケット着てみて放水されたりするのかと
ちょっと心配しましたが、

どちらかというと理科の実験みたいで。

お湯を注いだゴアテックス生地から
水は漏れずに蒸気だけ出る様子を見たり、

水滴を落として1時間以上経っても
生地に水分が全く浸み込まず

ぷるっぷるの水滴を保つ撥水力にビックリしたり。

知っているはずの機能でも、
あらためて実験テイストで見てみると
新たな感動が!
とてもおもしろかったです。

人が汗をかく量というのは、1時間あたり
このくらいなんですって。

休憩時:50cc (≒ヤクルト1本)
中程度の運動:500cc (≒ペットボトル1本)
激しい運動:1000cc (≒牛乳1パック)

汗をかくと体が冷えて調子が悪くなりやすいですが、
ゴアテックス製品を身につけていれば…

1)体から出る蒸気を外に逃がして = 透湿
2)雨や川などの水はシャットアウト = 防水
3)さらに、体と衣服の間にできた熱層を逃がさない = 防風

この三大効果がタッグを組んで、しっかり守ってくれるんですね。

これからの梅雨時期は特に、山で雨にあってしまうことも増えますが
しっかり体を守るウェアを使って
心置きなく、一期一会の風景を楽しみたいものだなと思います。

ウェア選びは、「いつ」「どこで」使うかによって
必要な機能が変わってきますので
ぜひスタッフにお気軽にご相談ください!

ところで。

Lafumaでは、独自の取り組みとして
『リサイクルゴアテックス』という素材も取り扱っています。
これは、ペットボトルをリサイクルしてできたポリエステルを
表地に使って、ゴアテックスの耐久性はそのままに
柔らかい風合いを出した優れものです。

機能性+αの新しい素材も続々開発されていますので
ぜひ注目してみてください。

Lafumaのアイテムはこちらでご覧頂けます↓

Lafuma2011春夏モデル (PCのみ)
Lafuma BOUTIQUE

  • SHOP LIST
  • facebook Lafuma
  • Lafuma Japan twitter